ブログ

アイデンティティで生きる

2018.08.09 木曜日

私たちにはひとりひとり持って生まれた独自性というものがあって。

それは、生まれる前に神さまと契約してきた自分自身
この地上で、こういうことをしようと決めてきた自分。
自分を自分たらしめているもの。
それが
いわゆる個性‐アイデンティティというものです。

私たちは誰もが
自分にしか表現することのできないもの
自分だけの神業をもって生まれてきます。

 

けれども、多くの人は
自分にしかできない特別なものがあることを
信じることができないか
気づくことすらできません。

自分のことを取るに足らないものだと信じてしまっている。

これこそが私だ!と思ったり、
表現したいものがあっても、
それらを発揮する前に諦めてしまうことも多いのです。

 

普通はこうするものだ。
そんなことできっこない。
そんなやり方で成功した人はいない。
人に迷惑をかけてはいけない。
周りの人のことを思って行動しなさい。
察すること。思いやりが大切だ。

などという言葉に幼いころからさらされた結果。

 

もちろん人に危害を加えたり、人の自由を奪ったりしてはいけない。
私たちは一人一人尊い存在として扱われるべきです。

でも、それ以外は?

他の人の意見ややり方にばかり従っていて
自分の気持ちより、周りの人の思いや
世間的な立場や都合を優先していて
どうやって自分らしさを発揮できるというのでしょう。

自分が我慢すればいいんだ
そうすれば誰かを悲しませずに済むし
丸く収まるし。

そうやって自分自身の独自な表現を押し殺しているうちに
生きている間に例外なく鎧や仮面を身につけてしまいます。
傷つきたくないために。

 

私がそうでした。
そうやってずっと、周りとの折り合いをつけて
なんとか過ごしていました。

でも、問題は、自分を押し殺して我慢していたことではないんです。
問題は、それが当たり前になっていて
自分を軽んじること、自分を一番後回しにすることに
私自身が何の疑問も持っていなかったということです。

 

パーソナリティという言葉がありますよね。
ペルソナ(仮面)からきた言葉です。

一般に人は自分の特質のことをパーソナリティといいますけれど
パーソナリティは自分自身ではないんです。
アイデンティティの周りを厳重に鎧や仮面で固めた
対外側用の自分、うその自分です。

ところが私たちは
そのパーソナリティの自分が自分自身だと思い込んでしまっています。

 

せっかく生まれてきたからには、アイデンティティの自分で
自分の計画してきたこと、地上でやろうと思ってきたことを
精一杯やりたいと思いませんか?

日々、魂が打ち震えるような喜びとともに生きていたい。
人からどう見られるかとか
世の中で言うところの「成功」だけを目指すのではなくて。

そのための第一歩
パーソナリティではなく、アイデンティティの自分で生きる
導火線に火をつけるのが、アデプトプログラムです。

 

その前段階として、DNAアクティベーションというものもある。
自分で作ってしまった制限を取り外す助けになるし
自分のキャパシティー(容量)が拡がって
本当の自分の気持ちに気づきやすくなったり
もって生まれた才能を生かすための下地が作られます。

マインドリージョンというセッションもおすすめです。

 

サロンには様々なかたが訪れますが、
お一人おひとり本当に違っていて、
その人でなければ絶対に表現できないものがあることに
気づかせていただいています。

神業って、ほんとうに誰でもそれぞれ持っているものだなぁと
最近痛切に思うことが多いのです。

 

 

JR目黒駅から徒歩8分のヒーリングサロンです。ご予約およびご質問など、お気軽にお問い合わせください。

Aurora(アウローラ)

予約・お問い合わせ